荷物の発送と受取の仕組みについて。

■発送の方法
発送の方法は、2種類に分類される。
1. 郵便局
2. 民間の一般企業(ペリカン、クロネコ、佐川、外資系企業のFEDEX、DHLなど)

■発送と配達の仕組み
郵便局で発送すれば、その国の郵便局が配達する事になる。

クロネコとペリカンで発送した場合は、中南米ではアメリカの運送会社であるユーピーエス(UPS)が配達する事になる。
佐川はDHLと業務提携しいてる為、DHLが配達をする。
勿論、FEDEXとDHLで発送した場合は、当然外資系企業で海外に拠点があるので各会社の支店で配達される。

発送側
配達側
クロネコ UPS
ペリカン便 UPS
佐川急便 DHL
DHL DHL
FEDEX FEDEX

■郵便局
【 長所 】

1. 民間企業より発送料金が安い。
2. 受け取る時に関税が掛かりにくい。
3. 中央郵便局留めで発送した場合、1ヶ月保管してくれる(オセアニア、北米のみ?)

【 短所 】
1. 普通便だと、到着まで時間がかかる。
2. 国営の為、国の経済基盤によって信頼性が変わる。
3.国によっては、配達されずに到着した通知が届き、自ら営業所に受取に行く場合もある。
  
北米やオーストラリア、ヨーロッパなどの郵便局は先進国の為、信頼性が高く、紛失する可能性が低い。
しかし、アジア・アフリカ・中南米
の発展途上国では経済基盤が不安定の為、信頼性が低く、紛失する可能性が高くなる。
又、郵便局員もやる気が無いので、仕事は至って適当で、荷物があっても「届いていない」と言って探さない事もしばしば。

値段の高いEMS便だと、約1週間(場所によって異なる)で到着し、紛失する可能性も限りなくゼロに近い。

■民間企業
【 長所 】
1. 発送から配達までが同じ会社(外資系企業の場合)が行う為、紛失する可能性が低い。
2. 到着までに時間が掛からない。

【 短所 】
1. 郵便局と比べて、発送料金がかなり高い。
2. 事業所宛に発送しても保管してくれない場所もある(可能な所もある)。
3. 受け取る時に関税が掛かりやすい。
4.国によっては、配達されずに到着した通知が届き、自ら営業所に受取に行く場合もある。

■関税について
関税に関しては「日本と各国の間で関税免除の協定が結ばれていれば、関税はかからない」と言われている。
しかし、それは「運次第」で、郵便局や営業所に取りに行った場合、日本人とわかると書類が足りないとか難癖を付ける係官も居る。
最悪のケース、賄賂と称した法外な料金をふっかけて来る時もある。

関税の掛かり方は方は、内容金額によって変わると言われている。
国によって税率が違うので、内容金額欄を正直に書くと、目が飛び出るような金額が請求される事も。
その為、嘘でもいいから、かなり低めに金額を書く事。