自転車で海外をツーリングするのであれば、海外旅行保険は必ず契約した方が良い。
マラリア、肝炎などの病気による入院、交通事故が起こった時のために保険無しだと、莫大な費用を請求される。
保険を契約して無いと、支払いに関して、日本大使館や親族に迷惑がかかるため、やはり保険の契約は必須。

契約時に、以下のポイントをカバーしているかどうか、確認した方がベター。

■確認ポイント

1. 複数年(1年以上)の契約が可能
2. 本人が海外に滞在中でも、代理人(親、兄弟など)による更新が可能
3. バラ掛けが出来るかどうか。

長期ツーリングになると、複数年契約が必要だが、2014年現在において、各保険会社は最長5年迄の契約となっている。
それ以降は、契約者本人が帰国して、新規契約する事になる。
「バラ掛け」の契約が可能であれば、掛け金は安く抑える事が出来るが、取り扱っていない保険会社もある。


*

【自分の場合】
・2002年5月〜2007年5月迄の5年間は、「JI傷害火災」を使用。
・2007年5月〜2009年5月迄の2年間は、「ニュー・インディア保険会社」を使用
・2014年5月〜現在迄は、「損保ジャパン」
を使用