長期ツーリングとなると、荷物を満載して走るため、ホイールに相当の負担が掛かり、スポークが折れる事がある。

スポーク折れは、長期ツーリングでは避けては通れないトラブル。
安物のハブ、リム、スポークなどを使うと、荷重に耐え切れず、スポークが折れる。
それ以外としては、路上の段差に突っ込んで、折れる事もある。

スポークが折れて、そのまま走っていると、他のスポークも連鎖して折れ始めると言われている。
路上でのスポーク交換となる為、工具一式は必携。
工具はニップル回し、スプロケット側のスポークが折れる事もあるので、スプロケットを外す工具一式も必要。

勿論、スペアのスポークとニップルも必携。
スポークが曲がらない様に、ホーム・センターで細いアルミ・パイプを買って来て、スポーク入れを自作すればOK。
長さは場所によって違うので、現在使っているスポークと同じものを。