長期に渡る路面からの振動や荷物が重いなどの理由でキャリアが折れてしまう。

フロント・キャリアは日本製の「日東キャンピー」を使用しているけど、すぐに折れるという事で有名。
出発してから舗装路3,000kmで、羽の取付部分が折れてしまった(下部写真の赤い線)。
しかし、素材が「鉄」なので、自動車工場に持って行き、溶接してもらった。

その後、未舗装路700kmを走り、再び折れてしまい、再度溶接(下部写真の赤い線)。
そして、その後、未舗装路200kmを走っていたら、羽の部分がバキバキに折れた(下部写真の水色と赤い線)。
針金で括り付け、なんとか走れるようにして、次の都市で再び、自動車工場で溶接して対応。


街にある自動車工場に持っていけば、溶接してくれる。
その為、キャリアは溶接ができる「鉄」がベスト。
アルミ溶接は、機械が限られてくるので、溶接出来ない場所が多い。

そして、一時的に修理する為に、針金とプライヤーは必携。
また、キャリアに負担が掛からないように、自分はフロント・サイドバッグ同士をロープで括りつけている。
キャリア折れは、ツーリングには必須のトラブル。


上記赤線の箇所が折れやすい。


ロープでサイド・バッグを結び、キャリアへの負担を軽減。