使っているエアー・マットは、カスケード・デザイン社の『サーマレスト・ガイドライト・ロング』。

■症状
外幕と中のフォームが剥離してしまい、水脹れのようになってしまった。

空気を入れると、メリメリと剥離している音が聞こえる。
そのため、空気を少しだけしか入れる事が出来ず、快適に眠る事が出来ない。
また、身体をマットの上に乗せていても、荷重はかかるので、徐々にではあるけれど、剥離は広がっていく。

このようになったのは、初めてではなく、アメリカ合衆国でも同じ症状になった。
その時は、アリゾナ州のフェニックスにあるREIで、会員になる費用だけ支払い、無償交換してもらい、事無きを得た。

もし、北米、オセアニア、ヨーロッパなどの先進国でこのような事が起きた場合、店によっては無償交換してくれる場所もある。


■原因
1. フォームの劣化により剥離
2. 日焼け止め・虫除け剤・整髪料とニによるコーティング劣化により剥離
3. マットに熱いものを置いたり、お湯をこぼしたりして剥離
などなど。

自分のケースは、直射日光に当てて、乾燥させていたのが、原因の可能性あり。
事実、乾燥させていた翌日に剥離が始まった。

上記1について。
アリゾナのREIで無償交換してもらってから、今回の剥離するまで、使用回数は150回。
150回は多いのか少ないのか、よく分からない。

上記2において。
蚊が多い場所などで、身体に虫除けスプレーを塗布して、マットで寝たら、剥離する可能性があるとの事。
なんでも、USAでこのような事例があったらしい。

このエアー・マットを使用しているサイクリスト、要注意。

■対応

この件について、販売代理店であるモチヅキの担当者にメールで聞いて所、以下の内容が返って来た。

・日本でこのような現象になった場合

1. 剥離したマットを一度、モチヅキ宛に送る。(お客さん運賃負担にて)
2. 内容確認
3. 同等品に無償交換 ※内容によっては有償になる場合もある。
4. 無償交換の場合は、返送費は弊社負担にて送り返す。

・海外の場合
アメリカ合衆国のREIのように対応してくればOKだけど、発展途上国で起きた場合は、
アウトドアショップでカスケードデザインのマットを販売しているのであれば、何かしらの対応はしてくれるかも、との事。
また無償交換ができるかどうかは不明。