サドルも、長期ツーリングの自転車の中で最も、重要なパーツの1つ。

長距離、長時間走っていると、股がサドルと擦れて、痛みが生じてくる。
「必ずしも高価なサドルは股ズレが起きない」という訳ではないので、自分のお尻に合ったサドルを選ぶのは非常に難しい。
現在、主流となっているのが、「股割れサドル」と言い、サドルの一部が凹んでいて、股ズレによる痛みを軽減してくれる。

その他としては「ブルックス」の皮で造られたサドルが有名。
使えば使うほど自分のお尻の形に合ってくるので、股ズレは起きないと言われている(使い始めは股ズレするらしい)。
ただし、皮なので、雨曝しにはしない等の手入れが大変。

また、股ズレが起きないように、サイクル・パンツを履く事も忘れずに。
日本の「パール・イズミ」のサイクル・パンツが、日本人の体型に合っている。
股下に入っているフォームには、3Dフォームなどがあって良い製品が多い。

ただ、良いサドルを使い、サイクル・パンツを履いても、股ズレは必ず起きるもの。
一週間連続で走り続ければ、徐々に股が慣れてきて、痛みが無くなる。
要は慣れもある。

【自分の場合】
現在使用しているのは、「SELLE SMP EXTERA」。
股を圧迫しない股割れタイプで、程良い弾力があって、サイクル・パンツを履いても、ほとんど股の痛みは無い。
ちなみに、サドルが盗まれない様に、サドルとフレームには鎖で繋げている。