長距離ツーリングに合ったシューズとなると、まず考え付くのが「SPDシュ−ズ」。
SPDとはシマノが発明したペダリング方法で、シューズの裏とペダルに専用の金具を付け、固定させてペダリングする方法。
足とペダルが固定されているので、効率の良いペダリングができる。

SPDの特徴は以下の通り。
■長所
1. 効率の良いペダリング

■短所
1. SPD専用のシューズとペダルが必要。
2. SPD専用のシューズは防水が効いていない(現在はあるのかも)。
3. シューズ裏に金具があるので街中では歩きにくい為、もう一つのシューズを持たなければならない。

【 結論 】
長期の旅にSPDシューズと街中用のシューズを持つのは、重くなるのでオススメしない。
SPDよりも市販の「トゥ・クリップ」と「トゥ・ストラップ」を取り付ければ、SPDに近い効率的なペダリングが可能。
もう一つのシューズを持つ事を気にしないのであれば、SPDでも良いかも?

シューズは防水素材のGORE-TEXのハイカット・シューズがベスト。
ペダリングがしにくいと思われるけど、足首を紐で固定しなければペダリングに支障は無い。
ぶっちゃけ、SPDで旅している人は皆無。