自転車のフォークの種類は、「リジッド」と「サスペンション」に分類される。

「リジッド」は、
サスペンションが無く、一般のフォークが使われているタイプ。
「サスペンション」は、その名前の通り、フォーク部分が衝撃を吸収するサスペンションになっているタイプ。
現在は、殆どのマウンテン・バイクはサスペンションが付いていて、リジッド・タイプは、非常に数が少ない。

サスペンションの特徴は以下の通り。
■サスペンションの長所
1. 悪路などを走ると、疲労が軽減される。

■サスペンションの短所
1. 重い。
2. メンテナンスが必要。
3. 工具が増える。

【 結論 】
サスペンションは重量も増えるし、専用工具も必要となり、メンテナンスの必要性が出てくる。
サスペンションがあれば便利だけど、長期ツーリングには必要が無い。
リジッドで十分。