ネパールの首都カトマンズで取得するインド・ビザ(2018年4月25日現在)

自分で、申請書の作成から申請・取得まで出来るけど、インドの申請書は細かく、結構厳しく、何度も作り直しをされるとか。
カトマンズには申請書の作成を代行している旅行代理店やサポート会社があるので、自分はそれを使った。
流れ的には、サポート会社で申請書を作成して貰い、その後、自分でビザを申請した。

まずは、サポート会社による申請書作成について。

■代行業者
・「QUICK SERVICE」と言うサポート会社

場所は「Indian Visa Service Center」の隣で、「Indian Visa Service Center」はMAPS.MEに載っている。

■必要な物
・パスポートのみ

QUICK SERVICEに持参すれば、申請書を作成後、写真も撮って、貼り付けてくれる。
記述内容はかなり適当だったけど、問題は無かった。

■代行費用
・750NPR(約750円)

■所要時間
・30程度

そして、ビザの申請について。

■申請場所
・名前:Indian Visa Service Center
・住所:場所はMAPS.MEを参照(インド大使館で申請しないので、間違えない様に)
・時間:月〜金の9時30分〜12時

■必要な物
・パスポート
・申請書(写真込)

■申請費用
・1,660NPR(約1,660円)

■所要日数
・5営業日

【特記事項】
QUICK SERVICEのスタッフは「180日マルチも取得出来る」と言うけど、それは嘘なので信用しない様に。
カトマンズでは、180日マルチで申請しても、「シングル90日」しか取得出来ない。
ビザ申請まで一括代行してくれるようで、その場合は4,000NPR(約4,000円)。

ビザを申請する場合、Indian Visa Service Centerに3度行かなかればならない。
1回目は申請する為、2回目はパスポートを預ける為、3回目はビザの受取の為、となる。

代行業者に朝一で行って、申請書を作成して貰い、その後、隣にあるIndian Visa Service Centerで申請する事も可能。

【自分の場合】
4月17日(火)にQUICK SERVICEで申請書を作成して貰う。
4月18日(水)にIndian Visa Service Centerへ9時に行くも、既に10人ほど待っていた。
開館時間になり、順番待ちのチケットを機械で発行して、順番を待つ。

申請は至って簡単で、特に質問も無かった。
申請書を提出した後、隣の窓口で申請料金1,660NPRを支払う。
その際に、パスポートの提出日(大体、4日後)を書いた受領書をくれるので、紛失しない様に。

4月23日(月)にパスポートと受領書を持参して、Indian Visa Service Centerへ向かい、9時に到着。
パスポートを預ける際には、受領書も必要なので、忘れない様に。
パスポートを預けると、「翌日16時に来い」と指示される。

4月24日(火)にIndian Visa Service Centerへ16時30分に行くも、5人ほど待っていた。
時間になり館内へ入ると、順番待ちのチケットは無く、そのまま並ぶ。
窓口で受領書を渡すと、パスポートを返してくれ、無事にビザを取得出来た。

ビザの滞在日数はビザを受取る前日(自分の場合は、4月23日)から始まるとの事。
5日営業日と時間が掛かるので、一括代行して貰い、その間にトレッキングへ行って来る事も可能。
しかし、トレッキング中にビザの滞在が始まってしまうので、時間が無い人は要注意。

自分は「90日マルチ」を申請したけど、結局「シングル90日」しか貰えなかった。