ジンバブエの首都ハラレで取得するモザンビーク・ビザ(2015年12月16日現在)


■申請場所
・名前:Embassy of Mozanbique
・住所:152 Herbert Chitepo Avenue, P.O. Box 4608, Harare, Zimbabwe
・受付:月〜金:8:00〜12:00

■行き方
宿(It's a SMALL WORLD LODGE)より乗合バスで5分程度(料金は0.5ドル)、自転車で10分程度。

地図はこちら

■必要な物
・パスポート原本(4ページの空欄が必要との事だけど、使われるのは実際1ページのみ)
・写真2枚
・申請用紙(英語とポルトガル語併記、その場で貰える)
・銀行残高(インターネットで印刷、日本語でもOK)
・ホテルの予約証明書

■申請費用
・シングル・ビザが25ドル(約3,000円)

■特記事項
大使館周辺には、写真屋・インターネット・カフェは無いので、事前用意がベター。
宿の近くにあるモールに写真屋とインターネット・カフェがあるので、そこで用意が可能。
写真は4枚で5ドルと高め。

宿から市街地までは乗合バスで行く事も出来るが、複雑に走っているので乗らない方が良いかも。
大使館の敷地内に自転車を持ち込む事が出来るので、自転車で行った方が良い。
大使館周辺は特に危険は感じないので、安全性は高いと思われる。

宿のIt's SMALL WORLD LODGEは、以前インターネットは有料だったけど、現在は無料でかなり高速。
ドミトリー12ドル、キャンプ9ドル、キッチン・ホットシャワー・バスタブ付き。
歩いて10分程度の所に、モールもあるので便利。

【自分の場合】
12月15日9時に大使館へ行くも、既に10人ぐらいの人が待っていた。
8時に開館するのを知らなかったので、早めに行った方が良い感じ。
係官の女性は英語とポルトガル語を話すも、若干、横柄な態度。

列に並び、ビザの詳細を教えて貰うと、銀行残高とホテル予約証明書が必要との事なので、市内のインターネット・カフェへ。
銀行残高のページとBooking.comでモザンビークの宿を予約し、その証明書をそれぞれ印刷。
再び大使館へ戻り、列に並ぶ。

今度は、申請料金25ドルを「ABC BANKで支払って来い」と、口座番号などを記した紙と申請用紙を渡される。
大使館より歩いて10分程度のABC BANKへ行き、25ドルを支払い、支払証明書を貰い、再び大使館へ。
銀行の場所は大使館の受付の人が、振込用紙の書き方は銀行の受付の人が、それぞれ教えてくれる。

その後、申請用紙に記入後、再び列に並び、全ての書類を提出。
「翌日16時に来て」と引換票をくれるので、無くさない様に要注意。
一度に全てを教えてくれず、その都度並び、非常に時間が掛かり、ストレスが溜まる。

翌日15時半に行くも、無事にビザをゲット。