コートジボワールの旧首都アビジャンで取得するカメルーン・ビザ(2015年5月4日現在)

2015年5月現在、ナイジェリアにエボラ出血熱が蔓延したと言う事で、ナイジェリア-カメルーン国境が封鎖されていた。
ナイジェリアからカメルーンへ行く事は出来ず、ベナンのコトヌーからカメルーンのヤウンデに飛行機で行く事に決定。
そのため、ここアビジャンでカメルーンのビザを申請・取得した。

ちなみに、カメルーン大使館は、セネガルの首都ダカール、コートジボワールのアビジャン、ナイジェリアのラゴスのみとの事。
ナイジェリア・ビザの取得が難しい現在、アビジャンで申請・取得した方がベター。
また、ナイジェリア-カメルーン国境が開き、ナイジェリア・ビザの取得が出来たら、ラゴスで申請しても良いかもしれない。

■申請場所
・名前:Ambassade du Cameroun
・住所:D 33, Abidjan, Lagunes, Cote d'Ivoire
・受付:月〜金:8:30〜11:30

■行き方
インターネットやガイドブックには新市街のプラトーの住所が書かれているけど、既に移転している。
アメリカ合衆国大使館の近くにあるので、タクシーにはその旨を言えば分かるかも。
プラトーからはタクシーで2,500CFA(約500円)だが、自転車でも行った場合、大使館内に駐輪できるので安全。

グーグル・マップには、旧住所にカメルーン大使館のアイコンがあるので要注意(新住所にもアイコンあり)。

地図はこちらこちら

■必要な物
・パスポート原本
・パスポート・コピー2枚
・写真2枚
・旅行保険契約証のコピー2枚
・カメルーン国内のホテルの予約票(インターネットで予約して、ビザを取得後、キャンセルすればOK)
・申請用紙(フランス語のみ、その場で貰える)

■申請費用
・2ヶ月滞在可能のシングル・ビザが65,000CFA(約11,000円)のみ。

■特記事項
周辺に写真屋は無いので、事前用意がベター。
必要書類に「飛行機の出入国チケット」も必要と言われたけど、「バスで行く」と行ったら、「じゃあOK」と言われた。
係官の対応は、若干横柄に感じられた。

【自分の場合】
5月4日(火)の10時に申請し、係官より「翌日14:30に来い」と言われ、翌日5日の14:30に行き、無事に取得。
引換票をくれるので、紛失しない様に要注意。
また、滞在期間は最長30日迄と言っていたにも関わらず、ビザ受け取り後、ビザを見たら滞在期間は60日と記載されていた。