セビッチェは、鰯、鯵など魚をセロリ、コリアンダーなどの野菜と一緒に、レモンで味付けしたペルーの代表的な庶民の料理。

ペルー海岸線にある街のレストランや屋台、メルカド(市場)で食べる事ができる。
メルカドによっては、海草スープなども一緒についてくる店もある。
朝採れた魚を捌いて調理し、常温で完売されるまで売り続ける。

生魚のため、セビッチェを食べる時は、必ず造りたての午前中に食べる事。
午後のセビッチェは時間が経過し、腐乱が始まっているため、食中毒、下痢、肝炎になる可能性が大。
自分もペルーのトルヒーヨで食べた午後3時頃のセビッチェが原因(恐らく)で、A型肝炎に罹った。

またワラスやクスコ、プーノの高地でのセビッチェも、海岸線から輸送に時間がかかるため注意した方がいい。
ただ、プーノのセビッチェは、チチカカ湖で採れるトルーチャ(鱒)を使っている店もあるので、その場合は大丈夫かも。
非常に美味しいので、オススメの一品だけど、食べる時間帯に要注意。