オーストラリアとニュージーランドを自転車で旅する場合は、ヘルメットを着用しなければならない(当たり前)。
以下の地域が、警察の取締りが厳しい。

■オーストラリア
1. オーストラリアの東海岸(特にブリスベン〜ケアンズ)
2. タスマニア島全土

■ニュージーランド
1. 北島のウェリントン周辺
2. 南島のクライスト・チャーチ〜ダニーデンの間

上記地域では、警察のハイウェイ・パトロールで、数回止められ、尋問された。
東海岸以外のオーストラリアでは警察とすれ違っても、何も言われず、むしろ、頑張れと手を振ってくれるほど。
ニュージーランドもオーストラリアと同様、内陸山間部に入ると、警察とすれ違っても何もお咎め無し。

自分は一応ヘルメットは持っていたけれど、被るのが好きではないので、荷台に括り付けていた。
ニュージーランド南島のクライスト・チャート南部を走っていた時、夕方に警察の止められて注意を受けた。
とりあえずヘルメットを被って20qほど走り、アッシュバートンとう街のキャンプ場へ。

翌日、朝早くアッシュバートンを出発して、ヘルメットを被らず、ダニーデンを目指していた。
運悪く、昨日と同じ警官に再び止められて、「2度目だから」と言う事で違反切符を切られた。
銀行振込で約3000円の罰金。

きちんと自転車で旅する場合は、ヘルメットを被りましょう。