いよいよ、南米大陸の雄ブラジルへ。
緑が広がる喉かな景色。


標高400mからの眺め。
延々とアップダウンが続く筋トレ・ルート。しかし、眺めはGood。


ブラジル南部にもマテ茶を飲む習慣がある。
マテ茶の容器とストローのボンビージャは必携。


ブラジルは、牛肉が安くて美味い。
シュハスコもかなりの美味。


路上のお店で休憩。
ブラジル語で、ガソリン・スタンドを「ポスト」と教えてくれたセニョーラ。



ブラジルのポストで、テントを張らしてもらいながら進む。
トイレあり、シャワーあり、水ありと、そこはオアシス。


ブラジル高原に沈む夕陽。
ピンポイントに紅く染まる夕陽が見れるのは、自転車の旅の楽しみの1つ。


ブラジルで人気を誇るビール「スコウ」。
飲みやすく、ゴクゴクといける。


日系移民の多いブラジルならではの食べ物。
何故か、「ヤキソッバ」と書かれている。


その朝は、雲海が広がっていた。標高400mから眺め。


チェーンを交換。約2コマほど伸びている。もう限界。


フロント・チェーン・リングも交換。
17,510kmも走ってくれた、このパーツに感謝。ありがとう!


この旅に出てから一度も交換していないプーリー。
約58,000kmも走ってくれた。


カンポ・モウランの街のカテドラル。
他の南米の国とは、ちょっと形式が違う。


ブラジル南部のアウト・ピスタ(高速道路)にある休憩所。
冷たい水も超甘いコーヒーも飲み放題。


パラナ州の都市カスカベルのスカイライン。
自然の緑と人工のビルの調和が美しい。


90年振りの大寒波の到来で、寒い日が続く。
しかし、空は冬晴れ。