ウユニ塩湖を走ったため、全身塩だらけ。
トラブルも多いわけだ。


ビジャ・アロタのイグレシア(教会)。
どんな小さな村にも必ず教会が存在する。


風雨の侵食によって造られた奇岩群が点在する。
その容姿は、羽を広げたコンドルのよう。


コリナの山にはまだ雪が残っていた。


フラメンゴの5種のうち3種が、この地域に生息する。
フラメンゴの自然保護区が点在する。


道中に見えるラグナ・エディオンダ。
標高4300mに佇む塩湖。


いよいよ砂漠縦断へ。幾つもの4WDの轍が見える。
何処を走ろうと自由。


砂漠の中に、
忽然と姿を現す「アルボル・デ・ピエドラ(石の樹)」。
自然の芸術美。


紅く燃え上がるラグナ・コロラダ。
地球とは思えない、惑星的な景色が続く。