フェリーでプエルト・モンからチャイテンへ向かう。
「世界一綺麗な林道」として謳われるカレテラ・アウストラル。


ビジャ・オイギンスまでは約1000km。コイアイケまでは420kmの距離。
全線未舗装路で、
アップダウンが多いとして有名。


途中にあるラゴ・ジェルチョ。フィヨルドが形成する綺麗な景色。
湖の水は恐ろしいぐらいに澄んでいて、魚影がよく見えた。


カレテラ・アウストラルには、多くの氷河が点在する。


カレテラ・アウストラルは、ルタ7(国道7号)になる。
「X REGION」とは、チリを幾つかの区分に分け、北から10番目の州という意味。


全線未舗装路+アップダウンの連続であるこの道。
しかも傾斜は標識のようにかなり傾斜がすごい。


摩訶不思議な形をした路傍に咲く花。
その美しさに一時、疲れも忘れさせてくれる。


緑深い樹林帯、高く聳える岩峰、数多く点在する湖。
そこには手付かずの自然がそこには存在した。


この地域は雨が多い事でも有名。一度、雨が降ったら数日続く。
晴れるか雨かは運次第。いや、あなたの日頃の行い次第。


雨が多いので植物もよく育つ。
自転車よりも巨大な葉っぱ。


このルートの川も清流が多い。
そのままでも飲めるほど。


最大都市コイアイケからは、舗装路に。
依然とアップダウンは続き、標高1120mのイバーニェス峠を越えた。


カレテラ・アウストラルに別れを告げ、フェリーでアルゼンチンへ向かう。


チレ・チコのキャンプ場で会ったノルウェイのカップル・サイクリスト。
今回はカレテラ・アウストラルを走りに来たという。