標高4100mのエル・アルトから見たラ・パスの街並み。
標高3600mに位置する世界最高所の首都。左にはイリマニ(標高6439m)が聳える。


街の中心に位置するラ・パスのカテドラル、サン・フランシスコ教会。
人々の憩いの場。大道芸、屋台、出店、とにかく人が多い。


サンタ・クルス通りの様子。
ラ・パスは至る所に坂があり、しかも傾斜は、かなり急。


日本人旅行者が集まる「アロハミエント・サンタ・クルス」。
旅の思いを語り、情報を交換し合う重要な場所。


至る所にあるフルーツ・ジュース屋。
新鮮な?フルーツジュースがジョッキ一杯約2ボリビアーノ(約30円)。


エル・アルトから見たラ・パスの百万ドルの夜景。
これだけ美しい夜景を見れる場所も南米の中でも珍しい。


エル・アルトで見られるチョリータ(先住民)の女子プロレス。
皆、大興奮で熱気ムンムン。


日本食レストラン「ふるさと」で食べれるトルーチャ(鱒)の卵。
味、見た目はいくら丼そっくり。約600円。


ラ・パスの郊外にある「バジェ・デル・ルナ(月の谷)」。
風雨の浸食によって造られた自然の造形美。


いよいよラ・パスを出発。宿の仲間と一緒に写真を撮る。
一路、ウユニ塩湖を目指す。