標高6439mのイリマニへ挑戦。その全容が現れた。
左から北峰、中央峰、南峰の3つの峰から成る。南峰が一番高い。


北峰と中央峰から流れ出す氷河。
クレパスも多く、ここからの登攀はかなりのテクニックが必要とされる。


標高4300mのベース・キャンプから夕陽を浴びるイリマニ。
目指すは南峰の最高地点。それが技術的にも一番簡単。


ハイ・キャンプへの登山道。超ガレガレで非常に歩きにくい。
左側は切り立った絶壁で、滑落でもしたら、あっという間にクレパスの餌食に。


途中から望む中央峰から流れ出る氷河。
時々、氷河が崩落する轟音が、周囲に響き渡る。


標高5400mのハイ・キャンプの様子。
自分のパーティを含めて3組のみ。終始、風が強く、雪煙がたなびく。


アタックの前夜、いきなり膝と腰に痛みが走り、残念ながら断念する事に。
テントの中から見える頂上が恨めしい。


悔しさを噛み締めながら見るベース・キャンプからの落日。