待ちに待ったナスカからクスコへ向けてのアンデス越え。
南米の中でも、ハードなルートとして有名。


九十九折れの峠道を徐々に標高を上げていく。
クスコへの輸送物資を運ぶトレーラーも大変。


初日は標高2300mで終了。
西へ沈む夕陽を見ながら眠りに就く。


アンデスの代名詞「コンドル」。優雅に舞う姿は自由を感じさせる。
当然、口ずさむ音楽は「El condor paso(コンドルは飛んでいく)」。


アンデス固有動物の「ビクーニャ」。
この辺り一帯は、「パンパ・ガレリア自然保護区」に指定されている。


アンデス山中にあるアルティプラノ(高原台地)。
標高4000m以上の高地に平地が存在する。


標高差3600mを2日半かけて到着。延々と100kmの登りが続いた。
標高4300mの空には、恐いぐらいに澄み切った青が存在した。


アンデス越えの重要な拠点となるプキオの中央公園。標高約3100m。
街を行き交う人々は、先住民(インディへナ)のみ。


途中で出会ったフランス人サイクリスト。
アルゼンチンのブエノス・アイレスからエクアドルのキトを目指す。


標高4500mのアルティプラノへ。点在する湖は神秘に満ちていた。
そこは、まさに「天空の世界」だった。


周囲の空をオレンジ色に燃やす標高4500mのサンセット。
その後、空は宇宙色に染まった。


道中、最高地点である標高4560mの峠。
自転車による最高到達点を更新。


標高4300mから1700mへの標高差約2600mのダウンヒル。
深い渓谷に吸い込まれる様に道が延々と続く。


標高2400mのアバンカイから続く九十九折れ。
再び標高4000mの天空の世界へ。


ナスカからクスコの道路は、国道26号線に指定されている。


アンデスの山々は深く、そして、でかい。「雄大」の一言に尽きる。
飽きる事の無い景色が続く。サイクリストとして至福との一時。


標高4000mから再び標高1700mのアプリマック河へ。
そして、その水はアマゾンへ流れ、大西洋へと続く。「水の流れ」、これもまた旅なり。


ビルカバンバ山脈の盟主サルカンタイを望む。
盟主に相応しい綺麗な円錐形をした名峰。


標高3300mのインカ帝国の首都クスコへ念願のダウンヒル。
赤茶けたレンガの家々が、アンデス越え終了を祝福してくれる。