次はピスコ(標高5752m)へ挑戦。


道中、写真を撮る暇が無く、そのまま頂上へ。
頂上からは、まさに絶景の一言。


頂上から南を向くと、ペルー最高峰ワスカラン(標高6768m)が聳える。


1000mの絶壁を持つチャクララフ(標高6112m)が朝陽を浴びている。


北には、蒼い空の下にワンドイ(標高6395m)が聳える。


東にはアルテソンラフ(標高標高6025m)が聳える。
左奥には、「世界一美しい峰」と言われるアルパマヨ(標高5947m)が連なる。


ピスコの後は、バユナラフ(標高5686m)へ挑戦。
途中の道からは、ランラパルカが見える。


ベース・キャンプへの道中、綺麗な花が咲いていた。


ベース・キャンプから眺めるラグナ・ジカ。


ランラパルカの背後から朝陽が登り始める。


コルディエラ・ブランカが朝陽を浴びる瞬間。
左がワスカラン、右がコパ(標高6188m)。


雪庇に注意を払いつつ、バユナラフの山頂へ。