いよいよコトパクシ登山(標高5897m)に挑戦。
生まれて初めての5000m峰。ガイドと友人の3人で挑戦。


標高4500mの駐車場からコトパクシ山頂を見上げる。
残念ながら雲が掛かっていて見えなかった。


駐車場からレフヒオ(山小屋)を目指す。
道中は砂場で歩きにくい。


標高4800mに位置する山小屋。ここから明日、アタックをかける。
多くの人が賑わっていたが、日本人は自分達のみ。


雲の切れ間から遠くアンデスの山並みが見える。


山小屋辺りにはまだ雪が無い。
標高5000m辺りから万年雪が始るという。


山小屋の近くからは氷河も見える。


山小屋から見た夕陽。
深夜11時に起きて、12時に出発する予定。


直登の連続で、ひたすら傾斜を6時間掛けて、山頂に到着。
道中、写真を撮っている余裕が全く無かった。


ガイドは、過去に日本人と一緒に登った事もあるとの事。


風が強く、気温は氷点下5度まで下がった。
体感温度は更に下回り、友人もグッタリ。


紺碧の空に、白い雲海が広がる。
その景色は、言葉が出ないほど、美しい。


今まで一番辛く、一番大変だった登山。
しかし、一番感動した登山だった。