使用しているのは、サーマレストの「トレイル・プロ・レギュラー」。
http://www.e-mot.co.jp/

重量860g、サイズは183cm*51cm*3.8cm、収納サイズφ10×51cm。

サーマレストは、言わずと知れたマットレス界の王道。
同社のエアーマットは、ショートとロングの2種類に分かれており、ショートは膝まで、ロングは全身をカバーしてくれる。
収納性や重量の事を考えると、ショート・タイプが良いかもしれないが、長旅は快適を重視したいので、ロングがオススメ。

エアー・マットとアルミ・マットの比較について
■エアーマット
1.値段が高い
2.かなり快適
3.重い
4.収納が面倒(空気を抜く為)

■アルミマット
1.値段が安い
2.快適ではないが眠れる。
3.軽い
4.収納は簡単

エアー・マットの値段は高いのが難点。
サーマレストのエアー・マットの製品には、シリアル・ナンバーがプリントされていて、壊れた時は無償で新品と交換可能してくれる。
購入した際のレシートなどはきちんと保管しておいた方が良い。

エアー・マットは、テントを張った後にバルブを緩めておけば、自動的に空気が入る。
足りなかったら口から空気を入れればOK。
収納は、いちいち空気を抜くのがちょっと面倒。

アルミマットはただ広げて、丸めるだけなので簡単。
破けるようなトラブルもないけれど、快適性を考えるとエアー・マットには及ばない。
トータル的に考えると、 エアーマットが断然オススメ。

余談ではあるが、日本のアウトドア・メーカーのモンベルのエアーマットは、1回使用して、穴が開いた(1996年当時)。