使用しているのは、サロモン社の「サロモン・クエスト4D・GTX」。
http://www.salomon.co.jp/

ハイ・カットで、素材は防水透湿性のゴアテックス、ソールはサロモン独自開発のコンタグリップで、重量は1320g。
ミドル・カットだと、雨が靴の中に入ってしまうので、ハイ・カットの方ベターかと。
素材は、雨が降った時の事を考えると、ゴアテックスに限る。

この靴は、軽トレッキング・シューズの部類に入り、登山靴に比べてソールも固くなく、重くも無い。
だから、ペダリングもし易い、トレッキングも出来るのでかなりオススメ。
今迄、旅している時はずーっとサロモンのハイカットを履いている。

自転車で旅する場合、トレッキング・シューズ派とバインディングが付いている専用シューズ派の2つに別けられる。


専用シューズはペダリングの事を第一に考えているため、効率の良いペダリングが出来る。
しかし、靴の裏にバインディングが付いている為、歩きにくいので、街中を歩く時用の為に、もう一足持たなければならない。
重さの事を考えると、もう一足持つと言う事はかなり抵抗がある。

しかも、防水機能が無いため、雨の日にはずぶ濡れになってしまう。
最近では、防水の専用シューズがあるようだけど、ロー・カットやミドル・カットのタイプで、結局は雨が靴の中に入ってしまう。
専用シューズのレイン・カバーもあるようだけど、ハイ・カットのゴアテックスには適わない。

一長一短があるけれど、ペダリングを重視する人には、専用シューズがオススメ。

トレッキング・シューズ派の場合、ペダルにトゥ・クリップを取り付ければ、それなりにペダリングはし易くなる。
勿論、専用シューズに比べると格段に落ちるけど、別にレースをしていている訳ではないので、トゥ・クリップでも十分だ。
もう一足持つ必要も無いし、トレッキングも出来るので、個人的にはトレッキング・シューズの方がオススメ。