使用しているのは「ジラフ・オリジナル・リア・キャリア」。

自転車本体同様、東京都板橋区のジラフにて、特注で造って貰った一品。
リアに使用するバッグを「オーストリッチ・特大パニア」と決めていたので、 このバッグに合わせて造ってもらった。
パイプ径は10mm、シートシテイの3か所にネジ穴を取り付けて、3点止めにした。

荷台がかなり大きいので、マットや寝袋などの大きな荷物を積める事が出来る。
ゴムバンド2つだけで、未舗装路でも荷物が落ちる事は無かった。
市販されている日東の「リア・キャンピー」は、荷台が小さいのも難点。

また日東のキャンピーと同じように、「羽」を付けて貰った。
これは特大パニアを他のバッグに交換した場合、一般のサイクルバッグも取り付けられるようにとの考えから。
また、パニア・バッグがリア・ディレイラーに干渉しないため。

非常に頑丈で使いやすい逸品。