使用しているのはキャットアイ社の『CC-ED300 (エンデューロ8)』。
http://www.cateye.co.jp/

マウンテンパイクのレース用に開発されたコードが太いタイプ。
走行速度、走行時間、走行距離、平均速度、積算距離が表示でき、積算距離は再入力する事ができるタイプ。
本体を無くしてしまっても、今までの距離を入力すれば、引き続き距離を計算する事ができる。

以前はコードレスタイプを使用していたけれど、磁場や電波が届かない場所などでは誤動作を起こす。