フラット・ハンドルでツーリングをする時には「バー・エンド」はあった方が良い。
使用しているバー・エンドは「PROFILE DESIGN BOXER LONG」(現在、生産中止)。
前方へ伸びて、その後、内側へ曲がっているタイプ。

バー・エンドを取り付ける事によって、様々なライディング・ポイションが取れる。
マウンテンバイクはストレート・ハンドルなので、一つのポジションしか取れないけれど、バー・エンドによってこの問題を解消。
同じポジションで長時間走っていると、疲れが溜まってしまう。

また、登り坂の時、バー・エンドの先端を握って、両腕を胸に引き付ける様にして走ると、坂道でのスピードが上がる。
バー・エンドには短いタイプや真っ直ぐのタイプがあるけれど、この形が個人的にはベスト。
バー・エンドにも、ハンドル・テープを巻いてクッション性を高めた。