■詳細データ
走行日2005年10月8日
季節
走行距離86km
トータル日数1日
走行日数1日
休憩日数0日
平均走行距離(日)86.00km
平均走行速度(日)12.3km/h
平均走行時間(日)7時間02分
最高地点約3600m
最低地点約3600m
スポーク折れ0回
キャリア折れ0回
パンク1回
■走行地図

■評価
No
項目
評価
コメント
1
景色
★★★★★

標高3600mにある塩湖は必見。

2
アップダウン
★★☆☆☆
それほどアップダウンは無い。塩湖はフラット。
3
舗装状況
★★★★☆
塩湖は舗装路並に走れるが、それ以外は深砂の連続。
4
補給面
★★★☆☆

村が極端に少ないので、食料と水は必携。

5
達成感
★★★★★
景色も綺麗で、ハードなルートなので達成感は◎。
総合
★★★★★
塩湖を走りたい人はオススメ。

ボリビア中西部の有名なウユニ塩湖の北に位置するコイパサ塩湖を縦断するルート。

乾季の塩湖上の走行となるので、決まったルートは無く、好きな場所を走る事が出来る。
ルートが無いので、周囲の山を目印にして走る。

塩湖の標高は3,600mなので防寒具は必須。

中央の島にあるコイパサ村から双耳峰であるセロ・グランデ(鬼のような形をした頂上が目印)の右下の麓を目指して走る事。
一応、コイパサ塩湖南部に沿って「インター・サラール」という道が走っているが、超深砂なので、走らない方が良い。
セロ・グランデの右下を目指す理由は、トレス・クルセスと言う小さな村に向かうため。

ここの村では、水と必要最低限の食料の補給は可能。
ちなみに自分はインター・サラールを走ったため、6km進むのに2時間かかった。

この村からウユニ塩湖へのアクセスが可能。


■一面銀世界のコイパサ塩湖


■走行ログ
No
出発場所
到着場所
滞在
累積距離
走行距離
走行時間
平均速度
1
Sabaya86km from Sabaya
キャンプ
47,270km
86.82km
7h02m
12.3km/h