■詳細データ
走行日 2003年9月25日
季節
走行距離 87.43km
トータル日数 1日
走行日数 1日
休憩日数 0日
平均走行距離(日) 87.43km
平均走行速度(日) 16.3km/h
平均走行時間(日) 5時間20分
最高地点 2026m
最低地点 ---m
スポーク折れ 0回
キャリア折れ 0回
パンク 0回
■走行地図
■評価
No
項目
評価
コメント
1
景色
★★★★★
ロッキー山脈を横断するので、景色は絶景。
2
アップダウン
★★★★★
全線までは傾斜率7%の登りが続く。
3
舗装状況
★★★☆☆
全線舗装路だが継ぎはぎ、割れ目が多い。交通量は多く、道幅が狭い。
4
補給面
★★☆☆☆

峠で水の補給は可能。食料は必携。

5
達成感
★★★★★
絶景の峠をクリアした達成感は◎。
総合
★★★★★
アメリカ合衆国の中でも屈指の絶景ルート。

モンタナ州のグレイシャー国立公園の中にあるその名前の通り「太陽へ続く道」。

カナダ国境のウォータートン・レイク国立公園の2つの国立公園を合わせて、「ウォータートン・グレイシャー国際平和公園」と呼ばれる。
東から西に向う場合は、セント・メアリーを出発し、国立公園の入場ゲートを通り、まずはセント・メアリー・レイクを左手にして走る。
徐々に斜度がきつくなり、高度を上げて行き、道は深い渓谷の中の山肌を縫うようにして造られている。

場所によっては、断崖絶壁に岩を削って造られた部分もあるのでかなり危ない。
ガードレールなどは無いので、ワインディング部分は対向車の注意が必要。
針葉樹林帯の中に岩峰が連なり、景色は最高。

この道路の頂点であるローガン峠は標高約2,026m。
峠には博物館があり、周囲の自然について様々な資料が展示されている。
運が良ければ、マウンテン・ゴートの親子に遭遇する事が出来る。

ここから一気にダウンヒルが始まり、道も狭く、雪解け水が流れているので、スリップに注意。
スピードを出し過ぎて、ハンドル操作を誤れば一気に奈落の底へ。
こちら側の景色も最高。

下り終わって、レイク・マクドナルドを右手に走れば国立公園の外へ。
冬は11月頃には閉鎖されてしまうので、事前にチェックする必要がある。
カナダのウォータートン国立公園やアメリカ合衆国の国境でもチェックする事が出来る。