■詳細データ
走行日2003年7月18日〜7月24日
季節
走行距離679km
トータル日数7日
走行日数6日
休憩日数1日
平均走行距離(日)113.16km
平均走行速度(日)20.8km/h
平均走行時間(日)5時間13分
最高地点---m
最低地点---m
スポーク折れ0回
キャリア折れ0回
パンク1回
■走行地図

■評価
No
項目
評価
コメント
1
景色
★★★★★
北米大陸最高峰マッキンリーを眺めながらの走行はアラスカのハイライト。
2
アップダウン
★★★★☆
全線アップダウン。意外にハード。
3
舗装状況
★☆☆☆☆
全線舗装なので問題無し。交通量はやや多め。
4
補給面
★★☆☆☆

村が少ないので、食料は携帯した方がベター。

5
達成感
★★★★★
最高の一言。
総合
★★★★★
アラスカの中でもベスト・オブ・ベストのルート。

アンカレッジからデナリ国立公園を経由して、フェアバンクスまでの約700km。
マッキンリー(標高6,194m)は『デナリ』と呼ばれ、先住民の言葉で『偉大なるもの』を意味する。

アンカレッジからパルマまでは交通量が多いので我慢の走り。
パルマからは針葉樹林帯の中を走るだけであるが、しばらくすると目の前にマウント・マッキンリーが姿を現す。
針葉樹林の方が背が高いので見えたり見えなくなったりするが、タルキートナとの分岐点からしばらく走った所にビューポイントがある。

ここはマウント・マッキンリーを主峰にして、マウント・フォーレーカー(標高5,304m)、
マウント・ハンター(標高4,444m)が聳える雄大なアラスカ山脈を拝む事ができる絶好のポイント。

このビューポイントを過ぎてから、しばらく走ると州立キャンプ場を兼ね備えたビューポイントが再び現れる。
テントを張る事もでき、一応ポンプアップの井戸がある。
ここのビューポイントはアラスカ山脈より東に位置している為、モルゲンロートに染まるマウント・マッキンリーと見る事ができる。

タルキートナへの道も目の前にマウント・マッキンリーを仰ぎながらの走行となるので快適。
この街には日本が生んだ偉大なる登山家『植村直己博物館』がある。これは必見。

デナリ国立公園では、公園内を自転車で走る以外にもトレッキングが楽しめる。
インフォメーション・センターが完備しているので、情報をゲットできる。

デナリ国立公園からフェアバンクスまでは全線アップダウンの連続でハード。

■1つ目のビューポイントからマウント・マッキンリーを望む。


■走行ログ
No
出発場所
到着場所
滞在
累積距離
走行距離
走行時間
平均速度
1
AnchorageLittle Sushitna C.G.
キャンプ
24,497km
104.22km
4h56m
21.1km/h
2
Little Sushitna C.G.Talkeetna
キャンプ
24,588km
89.37km
4h19m
20.6km/h
3
TalkeetnaNorth View C.G.
キャンプ
24,718km
130.42km
6h41m
19.4km/h
4
North View C.G.Denali
キャンプ
24,845km
125.73km
6h17m
19.9km/h
5DenaliDenaliキャンプ----
6DenaliNenanaキャンプ24,942km96.13km3h41m26.0km/h
7NenanaFairanksキャンプ25,041km98.79km5h27m18.0km/h
・C.G.= Camp Ground