■詳細データ
走行日 2003年5月4日
季節
走行距離 107.95km
トータル日数 1日
走行日数 1日
休憩日数 0日
平均走行距離(日) 107.95km
平均走行速度(日) 20.1km/h
平均走行時間(日) 5時間21分
最高地点 760m
最低地点 ---m
スポーク折れ 0回
キャリア折れ 0回
パンク 0回
■走行地図
■評価
No
項目
評価
コメント
1
景色
★★★★★
NZ最高峰のマウント・クックを見ながらの走行は最高。
2
アップダウン
★★★☆☆
全線緩いアップダウン。それほど苦にならない。交通量は少なめ。
3
舗装状況
★☆☆☆☆
全線舗装なので問題無し。
4
補給面
★★☆☆☆

村が少ないので、食料は携帯した方がベター。

5
達成感
★★★★★
NZの自然を100%感じる事が出来るので、達成感は◎。
総合
★★★★★
晴れる事が少ないと言われているが、見れた時の感動はすごい。

南島のレイク・テカポから最高峰マウント・クック(標高3,764m)の麓にあるマウント・クック・ビレッジへの約100kmの国道8号線。

レイク・テカポとレイク・プカキは、氷河から解け出した水で形成されているので、綺麗なターコイズ・ブルーをしている。
レイク・プカキを右手に走り、北上すると正面に天高く聳えるマウント・クックの雄姿を見る事が出来る。
徐々に近づいてくるマウント・クックは圧巻で、ここのルートは日本の自動車会社のCMにも使われているほど有名な道。

マウント・クック・ビレッジにはキャンプ場、ユースホステルもあり、ここを拠点にトレッキングも出来る。
ただ、店は無いので、食料は持参した方がベスト。
ユースホステルでいくらか食糧を買う事もできるが、値段はかなり高い。

自分が行った時はちょうど晩秋で、辺り一面ススキの穂が広がっていて、青空に聳えるマウント・クックは最高だった。
ビレッジから左手に見えるマウント・セフトンの懸垂氷河も必見。
何でもマウント・クックが見れる確率はかなり低いとか。