■詳細データ
走行日 2002年9月27日〜10月8日
季節 春(乾季終わり)
走行距離 1,597km
トータル日数 12日
走行日数 12日
休憩日数 0日
平均走行距離(日) 133.08km
平均走行速度(日) 20.90km/h
平均走行時間(日) 6時間19分
最高地点 ---m
最低地点 0m(海面)
スポーク折れ 0回
キャリア折れ 0回
パンク 0回
■走行地図
■評価
No
項目
評価
コメント
1
景色
★☆☆☆☆
延々とブッシュが続く退屈な世界
2
アップダウン
★★☆☆☆
途中、緩いアップダウンが続く。春から夏にかけては気温が50度近くになる。
3
舗装状況
★☆☆☆☆
全線舗装。交通量は少ない。
4
補給面
★★★★★

街と街の間は100〜300kmと離れているため、食料と水の携帯は必須。

5
達成感
★★★★☆
オーストラリア最長無補給区間があるため、達成感は大きい。
総合
★★★★☆
無補給区間、暑さが好きな人にはオススメ。

俗に言う「キンバリー越え」で、「キンバリー」とはこの地方の名前を言う。
ノーザン・テリトリー準州北部の街キャサリンからウエスタン・オーストラリア州の北西部の街ブルームまでの約1,600q。

ここは約1,600qの間には街の数は3つ、ロード・ハウスが4つのみと無補給区間が長い地域の一つ。
「ロード・ハウス」とは、ガソリン・スタンド兼レストラン兼ホテル兼キャンプ場の事。
最長300kmの無人区間もあるので、食糧と水の携帯は必須。

また、注意しなければならないのが暑さで、自分が走った時は不幸にも10月で、一番暑い時期だった。
気温45度の日が続き、風は熱風に、水はお湯に、バターは油に、チョコレートはドロドロに、唇はカサカサになる。
日向の温度は、60度を越えるほど暑い。

ここの見所は、ただひたすら暑さに我慢して、走り続ける事にある。
それ以外は、オーストラリアとアフリカにしか存在しない樹木「バオバブ」がたくさん生えている。
その姿は、暑さから身を守る人々が寄り添って陰を作り、天に向って雨乞いをしているかのように見える。

オーストラリアの中でも大変なルートの一つだけど、走る時期を間違えなければ、それほどハードではない。