フレンチ・アルプスの観光地と言えば、標高1,100mに位置してしている「シャモニー」。

街中からは、標高4,810mの西ヨーロッパ最高峰「モン・ブラン」と「ボッソン氷河」が良く見える。
フレンチ・アルプス屈指の観光地の為、物価は高く、ホステルはあったけど、キャンプ場は見なかった。
アウトドア・ショップが多く、各種装備がレンタル出来て、高所登山も出来るとの事。

標高3,842mの「エギーユ・ドゥ・ミディ」と言う場所まで、ケーブル・カーで一気に行く事が出来る。
値段は往復60ユーロ(2017年5月当時)。
高所恐怖症の人はかなりヤバいらしいので、それなりの覚悟で。

自分は標高2,525mのル・ブレヴァンに登ろうとしたけど、残雪も多く、ケーブル・カーも動いていなかった。
仕方が無いので、標高2,000mのプラン・パスと言う場所まで登った。
谷間を挟んで、モン・ブラン山群の眺めが素晴らしく、是非ともオススメの場所。

ベスト・シーズンは6〜7月。