言わずと知れた世界最南端の街「ウシュアイア」。

南緯54度49分、西経88度13分に位置していて、アメリカ大陸縦断を目指す旅人の最終目標地点となっている。
ここウシュアイアからアメリカ大陸最南端(アルゼンチン国道3号線の終点)の「ラパタイア」へ行く事も出来る。
意外にも大きく、開けていて、ツーリスティックな街。

目の前に広がるビーグル水道、背後に聳えるアンデスの山並みは美しい。
訪問は周囲の山々の紅葉が始まり、真っ赤に燃える秋始めである4月がベスト。
ここから12月から2月末までの間、南極ツアーが出ている。

近くにある「ティエラ・デル・フエゴ国立公園」ではトレッキングも楽しめる。
「道路の最南端」はウシュアイアに向かう途中にある「ルタ・J」を行く事になる。
また、途中に強風で斜めに曲がった樹木も見る事が出来る。