パタゴニアのシンボルである標高3,405mを擁する「フィッツ・ロイ」。

現地では「
エル・チャルテン」と呼ばれ、先住民の言葉で「煙を吐く山」として伝えられている。
天高く突き刺すその容姿はずーっと見ていて飽きることが無い。
ロック・クライマーの聖地として有名。

最寄りの村エル・チャルテンから、約5時間でフィッツロイの麓まで行く事が出来、眼前に聳えるフィッツ・ロイの眺めは圧巻。
途中、キャンプ場があるので、そこでテントで泊り、朝焼けを見に行く事もできる。
キャンプ場からはかなりのガレ場なので注意が必要。

その他、違うルートになるけれど、岩峰セロ・トーレも必見。
ちなみにアウトドア・メーカーの「パタゴニア」のロゴは、このフィッツ・ロイ山群がモデルと言われている。
岩峰好きには垂涎の場所。