ペルー北部の標高3100m位置する街「ワラス」。

ワラス周辺は「ワスカラン国立公園」に指定されていて、南米の中でも屈指の絶景を誇る。
街中からでも、コルディエラ・ブランカ(ブランカ山群)の眺めが素晴らしい。
ベストシーズンは、6月から8月中旬で、紺碧の青空に映える白い頂は最高に美しい。

登山をしても良し、トレッキングをしても良し。
オススメの登山は、ピスコ(標高5,772m)で、周囲を6,000m峰に囲まれていて、頂上からの眺めは格別。
ペルー最高峰ワスカランやワンドイ、チョピカルキ、チャクララフの標高差1000mの絶壁は必見。

トレッキングで有名なのは、4泊5日のサンタ・クルス・トレッキング。
それ以外は、ラグナ・チュルプ・トレッキング(日帰り)や ワイワシュ・トレッキング(最長で8泊9日)など。
標高4,000mを越えるので、防寒具は必携。

また、ワラスから乗合バスで10分の場所にある温泉「モンテレー」もオススメ。
錆色をしたお湯は抵抗があるけれど、湯温は高く気持ちがいい。
登山をした後に行けば、疲れた体に染み渡る。