カルタヘナからバスを乗り継いで行く泥温泉の「ボルカン・デ・トトゥモ」

アクセスには時間が掛かるけれど、この泥温泉は面白い。
富士山のような円錐形の小山の頂上に穴が開いていて、そこに泥が溜まっている。
なんでも、地下2,300mから、この泥が湧き出ているとか。

泥温泉と言っても暖かくはなく、ボルカン(火山)と言っても溶岩が出ている訳ではない。
泥は非常にきめ細かく、底が無く、浮いている感覚が、非常に不思議。
入浴後は、近くの湖で泥を洗い流してくれる。