オーストラリア本土最東端の岬である「ケープ・バイロン」。

岬には白亜の灯台が立ち、その先には太平洋の大海原が広がり、先端好きにとっては外す事が出来ない場所。
最寄の街はバイロン・ベイで、ここには、大型スーパーもあり、安宿、キャンプ場もあるので便利。
荷物を置いて、空荷で行く事も可能。

この街の難点は、ヒッピーが多い事。
その理由は、バイロン・ベイの近くにガンジャ(麻薬)で有名なニンビンという村があるため。
滞在したくない人は、自転車で直接岬へ行き、その足で先に進んだ方がベスト。


■白亜の灯台が立つ